読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法少女まどか☆マギカ オンラインの世界観を考察してみた。

魔法少女まどか☆マギカ オンライン」および「魔法少女まどか☆マギカ」の盛大なネタバレ満載でお送りしています。ネタバレいやあああああって方は逃げてください。

便宜上、シナリオ第1話~第8話を「1周目」、第9話~第10話を「2周目」と表記します。
実際には1周目の前にも、ほむらが試行錯誤した幾多の周回(0周目)がありますし、1周目と2周目の間にも周回を繰り返している様子があります。

時間軸

「アニメ版とは異なる時間軸」と明記されている。

まどかが別次元の存在となった、それとは別の時間軸。
公式サイトのゲーム紹介→ストーリーより

しかしながら、アニメ版の時間軸と共通する事項もあるので、共通点と相違点を書き連ねていく。

共通点
  • ソウルジェムとグリーフシードのシステムそのもの
  • マミ・杏子・さやかが魔法少女になった理由(願い)
    • ほむらも同じっぽいけど、若干違うような気もする(後述)ので記載せず
    • まどかについては現状では不明(でも同じかも)
  • 杏子が魔法少女になったことで起きた悲劇
相違点
  • プレイヤーの存在
  • 5人の魔法少女が互いに協力関係にある
    • 杏子が悪態をつきながらも協力しているのに違和感。前述の悲劇を考えれば、ドラマCDの展開にも見られるようにマミと杏子が距離を置くようになっていてもおかしくないはず。
      • マミのコミュ力が高かった?あるいは他の魔法少女(まどかとか)が仲介した?
  • 恭介がギタリストに変更
    • 散々「運営原作見たの?」ってネタにされるくだりですが、恭介がギタリストである時間軸は公式でも言及されているらしい。
      むしろ「アニメの時間軸とは違う」ということを表す象徴としてふさわしい。
  • ソウルジェムの真実について知る過程
    • アニメではまどかの行動により、さやかのソウルジェムが離れたために知るが、まどオンではマミが戦いの最中に弾き飛ばされ、ソウルジェムと離れたために知ることになる。

ほむほむが時間遡行を繰り返す理由

「まどかを守るため」である。(アニメとだいたい同じ)
しかし、いくつか疑問点も生じる。

  • まどかが魔法少女になることを阻止しない理由
  • 時間遡行を繰り返しているにもかかわらず、まどかの魔力係数が増加していない理由
なぜ、まどかが魔法少女になることを阻止しないのか?

「まどかが魔女化するところを見ていない」からだろう。
そもそもワルプルギスの夜に勝てていない。アニメ版でワルプルギスの夜を倒せたのは、「ほむらの時間遡行により魔力係数が増大したまどか」だけである。

しかし「魔法少女はいつか魔女化する」ことは知っているはずである。
やはり実際に目の当たりにしないと、魔法少女になることを止めようとは思わないのだろうか?

なぜ、まどかの魔力係数が増大していないのか?

まどかを救うために様々なアプローチを行っていたから?

例えば0周目では、プレイヤーのいない時間軸や、6人が全員揃ってワルプルギスの夜と戦っていた時間軸が存在していたことがほむらの口から伝えられている。
また、1周目と2周目の間ではほむらがプレイヤーの魔力係数を上げるために、干渉を幾度となく繰り返している。

時間遡行の影響を受けているのは、むしろプレイヤーのほうかもしれない。

プレイヤーの能力は?

「魔法少女たちを繋ぐ」能力ではないかと考える。(≒オンライン)

作中では他の魔法少女の「考えていることがわかる」「見ているものが通して見える」といった形で表れているプレイヤーの能力。
またプレイヤーは他の魔法少女の単体必殺技をすべて使うことができる。(これは単にシステム上の優遇ってだけかも)

ほむらはこの能力を「他の魔法少女の力を増幅させる能力で、その効果は魔法少女が増えれば増えるほど累乗的に上がる」と評している。しかし2周目でキュゥべえに指摘されていたように、これは誤りだと思われる。魔法少女たちの力が上がったのは「プレイヤーの力により連携が取れた結果」であり、力が上がったこと自体は能力ではない。

もしかすると、杏子が協力関係にあるのもプレイヤーの影響かもしれない。相違点で挙げた「誰かが仲介した」というのが、そのままプレイヤーの能力だったのかも。

余談ですが、当初は各プレイヤーが魔法少女になるときに「願い」を決めて、それをキャラデータ内に保存しておく仕様だったそうです。もしかするとその「願い」の種類によって、キャラのステータスなどが変わる、という展開もあったのかも。

今後のシナリオ展開は?

プレイヤーの能力が「繋ぐ」ことだとは知らずに1周目と2周目の間にプレイヤーの因果を増やすほむら。
プレイヤーの力は、ついに「繋がった」魔法少女のソウルジェムに光を灯すまでに増幅するようになる。

しかしほむらのソウルジェムは光らない。「繋がろう」としていないからだ。

皆が「繋がる」ことで互いにわかりあい協力していく中、ひとり取り残されていくほむら。
果たして、ほむらは皆と「繋がる」ことはできるのか!?
そしてあの宿敵、ワルプルギスの夜を倒すことはできるのか!? 次回へ続く!!

まとめ

運営さん協力プレイ早く「繋がる」ようにしてください。