読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカンバトルドームJrが届いたのでレビュー。

ブロマガにもパイロット版の記事を投稿しています。よろしかったらこちらもどうぞ。

以前ヤフオクで落札した「アメリカンバトルドームJr」が届きました。
送料も含めて5500円超。
f:id:nogic:20130121122954j:plain:medium

以下、レビューしていきます。

レビュー

f:id:nogic:20130121131315j:plain:mediumf:id:nogic:20130121131347j:plain:medium
外箱の側面部分。JANコードは4975430012502、対象年齢は5歳以上。
このJrは密閉されているようで取り外し自体は簡単に行えるうえ、細かい(=誤飲しやすい)部品が多いことを考慮した結果だろう。
ちなみに完全に密閉されている「ドラえもんバトルドーム」が2.5歳以上、「アメリカンバトルドーム」が5歳以上。復刻版の「アクションバトルドーム」は6歳以上。

f:id:nogic:20130121131644j:plain:medium
箱の中身。ボールの数は数えていない。それ以外は全部揃っている。
DDR5thMIXは大きさ比較のために並べました。

f:id:nogic:20130121132133j:plain:medium
排出機構は「アメリカンバトルドーム」と同じくぜんまい式。
ひねる部分は「スーパーアメリカンバトルドーム」みたいに取っ手がついており、残念ながら角度によって顔に見える矢印は存在しない。

f:id:nogic:20130121132243j:plain:mediumf:id:nogic:20130121140757j:plain:medium
ボールは下部分のシャッターから入れる。
ドームに排出機構を取り付けた際にはこのシャッター部分がドーム内に露出する形となり、ドーム本体をひっくり返すだけでボールをリチャージすることができる。

f:id:nogic:20130121141403j:plain:medium
ボールを排出機構に入れてしまえば、片付ける際も排出機構とドーム本体を分離して箱にしまうだけで片付けられる。
もう「場所取るドーム」と呼ばれることはないだろう。

フリッパーはこなれていないせいか、非常に硬く、フリッパーの戻りも悪かった。
これが製品構造に由来するものかは分からないので、今度分解して検証あるいは補修しようと思う。

大きさ比較

f:id:nogic:20130121132022j:plain:medium
使用するボールは、「アメリカンバトルドーム」のものと比べてもかなり小さい。
BB弾をひとまわり大きくしたぐらいのサイズしかない。
f:id:nogic:20130121133756j:plain:mediumf:id:nogic:20130121133844j:plain:medium
他のバトルドームシリーズとの大きさ比較。
「アメリカンバトルドーム」より小さいのはもちろん、復刻版の「アクションバトルドーム」と比べてもずいぶん小さい。

説明書

f:id:nogic:20130121135108j:plain:mediumf:id:nogic:20130121135126j:plain:medium

他、写真

MAD動画などへのご利用はご自由にどうぞ。
「切り抜き作ったよ」って方は連絡いただけるととてもうれしいです。
f:id:nogic:20130121135254j:plain:mediumf:id:nogic:20130121135314j:plain:mediumf:id:nogic:20130121135334j:plain:mediumf:id:nogic:20130121135356j:plain:mediumf:id:nogic:20130121132330j:plain:medium

総評

「アメリカンバトルドーム」としての要素はそのままに、コンパクト化した至高の一品だと思う。
特にバトルドームのイライラ要素である

  • ボールが場外に飛ぶ(≒ボールを失う)
  • 二回戦目以降のボールのリチャージが面倒

という点を完全に解決している。
そしてぜんまい式なので、復刻版のように「4人居ないとまともに遊べない」こともない。
音は確かに鳴るが、小型のぜんまいなのですごくうるさい、というほどでもない。
まさに「どこでも気軽にバトルドームをしたい」という人にうってつけではないだろうか。
例えるならば「オセロ極Jr.」に近いだろう。

てか復刻版出すぐらいならこれを再販したほうがよかったんじゃ